git入門

世間でよく聞く「git」ずっと気になってたけど、よくわからなかった「git」について、ちょっと試してみたので、メモ

1.秘密鍵と公開鍵のペアを作成

$ ssh-keygen -t rsa

 id_rsa秘密鍵
 id_rsa.pub:公開鍵
 ユーザーホームディレクトリに .ssh というディレクトリが作られて、その中に秘密鍵と公開鍵のペアが作成される。

2.公開鍵を github に登録する
 githubの自分のページの右上にある「Edit Your Profile」→「SSH Keys」→「Add SSH Key」
 1で作った「id_rsa.pub」の内容をコピー&ペースト

3.SSHの接続テスト

$ ssh -T git@github.com

「Hi ユーザID! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.」になったらOK

4.githubリポジトリ作成
 githubログイン直後の画面右下の緑の「New Repository」のボタンをクリック
 次画面で「Project Name」にgit-testと入力して「Create Repository」

5.ローカルリポジトリの作成
 管理するファイルを作る
 まず、gitがインストールされているか確認(されてなかったらインストール)

$ git version

 バージョンが表示されれば、OK

 ドキュメントに「git-test」のフォルダを作成・作成したフォルダに移動して、gitを初期化する

$ mkdir git-test
$ cd git-test/
$ git init Initialized empty Git repository in /Users/自分のユーザID/Documents/git-test/.git/

 テストファイル「README」を作成

$ touch README

 新しいファイル「README」の追跡を開始

$ git add README

 ファイルの状態を確認するコマンド

$ git status

 変更内容をコミットする
 ※まだ git add を実行していないファイルはコミットされない

$ git commit -m 'first commit'

 リモートのショートネームをデフォルトのショートネーム origin で登録

$ git remote add origin git@github.com:ユーザID/git-test.git

 存在するリモートリポジトリの一覧を表示

git remote

 間違って作ってしまった時など、削除する時

git remote rm origin

リモートであるgithubリポジトリにpushする

$ git push -u origin master


参考にさせていただいたサイト

git初心者がmacでgithubを使うまでのTips – githubのお勉強 | clicktx::Tech::Memo
transitive.info - git remote 使い方
Git - 変更内容のリポジトリへの記録
`git push -u` オプションの意味 - Qiita