読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JavaScriptプログラミング基本講座を受けてきました。

先日、Webデザインの学校 ロクナナワークショップで、「中村享介のJavaScriptプログラミング基本講座」を受講してきました。


6、7月とスクールで一通りJavaScriptについて学んだつもりでしたが、どうも実務レベルとは乖離がある。
実際webサイトで使われているJavaScriptのコードを読んでみても、簡単なものは処理の流れが追えるのだけど、複雑、高度化すると??となって全然手に負えない。


ということで、改めてJavaScriptのすごい人に教えてもらおう!ということで3DSを買おうと思っていたお金をこっちに突っ込んで、平日の昼間の原宿で一日かけて講義を受けてきました。
講師の中村享介さんはJavaScript専門の会社「ピクセルグリッド」の代表で、自身も現役バリバリのJSエンジニアというすごい人。


講義を受けて、今まで、自分がオブジェクトやDOMについて、さっぱり理解できていなかったことを理解しました。
prototypeプロパティについては、存在すら知らなかったという(汗
JavaScriptについての認識が一変した感じです。


例えば、'myID'というIDを持つ要素をクリックすると'myidEvent'という関数にセットされているイベントが発生するようにするための命令文を書く場合

document.getElementById('myID').onclick=myidEvent;

上の命令文は、windowオブジェクトのプロパティであるdocumentオブジェクトのプロパティであるgetElementById('myID')メソッドを実行して、その結果返ってくるオブジェクトのプロパティのonclickメソッドに'myidEvent'という関数をセットするという命令文な訳ですが、そもそもオブジェクトというものを理解していなかった以前の自分だったら、さっぱり理解できないコードです。


とはいえ、これが理解できたのは講義の後に購入した先生の著書とオライリーJavaScript第6版を交互に読んで、三日目にやっとなんとなく想像できるようになったという(汗
勉強しないとです>ω<


ちなみにオブジェクトの内容を調べるのにはconsole.dir を使うと便利です。下記サイトを参考にさせていただきました。
JavaScript のデバッグ時にオブジェクトを調べるのに console.dir を使うと便利


JavaScript 第6版

JavaScript 第6版


WebクリエイティブのためのDOM Scripting (Web Designing Books)

WebクリエイティブのためのDOM Scripting (Web Designing Books)


Webデザインの学校 ロクナナワークショップ