Mac OS X Snow Leopard(10.6)でLAMP環境を構築。

学校は終わったけど、せっかく勉強したんだし家でも試せる環境を作ってみようということで、LAMP環境を構築してみることにしました。
前回MacでAMP環境の構築した訳ですが、今回はMac上じゃなくて、Linuxを導入してみようという訳です。


実際の流れ。
1)無料の仮想化アプリケーション「VirtualBox」をインストール
Downloads – Oracle VM VirtualBox
Mac OS X用のファイル「VirtualBox X.X.X for OS X hosts」をダウンロードして、インストール
参考サイト
MacとWindowsを同時使用できる無料の仮想化ソフト「VirtualBox」の使い方


2)VirtualBoxUbuntuをインストール
Ubuntu Desktop 日本語 Remix CDのダウンロード
UbuntuのインストールディスクのCDイメージをダウンロード
・ダウンロードが終了したらVirtualBoxを起動し、新規仮想マシンを作成して、インストール
参考サイト
MacのVirtualBoxにLinuxのUbuntuをインストールする方法
VirtualBoxで新規マシンを作成し、Ubuntu Desktop CDからインストールする


3)Linux(Ubuntu)を起動して、「端末」(画面左上のDashホームのアイコンをクリックして検索)を立ち上げて、環境をインストール
「sudo apt-get install apache2 php5 php5-gd mysql-server php5-mysql phpmyadmin
参考サイト
UbuntuでApache+PHP+MySQLの開発!


4)phpmyadminの設定ファイルをapache2に読ませる
「ln -s /etc/phpmyadmin/apache.conf /etc/apache2/sites-enabled/phpmyadmin.conf」
参考サイト
UbuntuのLAMP環境構築++


5)/var/wwwのアクセス権を変更
所有者を変更するコマンド(userの部分にはユーザー名を入力)
「sudo chown -R user /var/www/」
6)PHPでエラーが出るように設定
/etc/php5/apache2/php.iniファイルの
「display_errors = Off」を「display_errors = On」に書き換え
7)上記設定を反映させるためapacheの再起動コマンド
「sudo service apache2 restart」
参考サイト
MacBook Air にLAMP環境を構築する


完成ー。