読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ旅行:王宮と三大寺院

タイ旅行五日目:5/22


ホテルの朝食を食べて、出発準備して、8時半にホテルに呼んでもらったタクシーで王宮に出発。
8時半なのに、都心を抜けて王宮に行こうとするドライバー(^_^;)
案の定、渋滞に巻き込まれ動けなくなって戻ってきて、郊外ルートへ。
でも戻ってきたときにメーターを一度リセットしてくれたので良心的♪
最初の4日間はタクシーに乗ってる間ずっとバンコクの地図を見ていたので、この辺りで大体都心の大きな道はわかってきました。


9時半に王宮の正門に到着。

王宮見学には色々服装指定があって、七分丈パンツもだめというので、この日は長いズボンで行きました。
入り口入って左手に見えるワット・プラケオ

入場料400B(約1200円)を払って、まずはワット・プラケオへ。
中にトイレはないので、入場券売場の右奥にあるトイレに寄っていくのがポイント。
中国人の団体ツアーの後ろについて入ったら、中国語のパンフレットをもらってしまった(^_^;)
回廊の壁画

黄金の仏舎利塔など


本堂へ

本堂へは靴を脱いで入ります。中は撮影禁止です。
入り口の写真

中では、旅の無事の感謝と祈願をしました。


王宮へ
チャックリー宮殿
ここは一階だけ武具や鉄砲の博物館として公開しています。
ちょうど衛兵交代の時間にあたったのですが、良い写真を撮ることができず残念(^_^;)



ドゥシット宮殿

ワット・プラケオ博物館

中は撮影禁止なので入り口の案内図のみ。
古い建築材や装飾品などを展示していたのですが、すごくよかった!涼しいし、ここはおすすめ。
しかし、外にはあんなに人がいたのにこの博物館には私と日本人の年配のご夫妻一組しかいなかったというw
博物館を出てから、入場した正門から退出。


炎天下のなか、延々とサナム・チャイ通りを歩いてワット・ポーへ。
今度行くことがあったら、交渉して前にいたトゥクトゥクに乗って移動したいところ(汗
王宮は観光名所なので、世界各国の観光客でごった返していましたが、このルートを徒歩で移動する観光客は私1人でしたww


そんなこんなでワット・ポー到着
歩いて移動してるとお寺の前にたむろっている悪徳商法の人に話しかけられるので気をつけようということで、スルー。
入場料100Bで中で無料でミネラルウォーターがもらえます。
超有名な寝釈迦仏


肝心の足の裏をうまく撮影できずorz
背中の方には百八つのお椀が並んでおいてあって、20Bで小さなコインを買って、一枚ずつおわんに入れて進みます。


ワット・ポーはタイ古式マッサージの総本山でもあります。
ここはやはり受けてみようと1/2hrで受けてきました。
中はクーラーが効いていて、肝心のマッサージは30分でもスッキリ!!
終わって出されたお茶を飲んで、若干熱中症気味だった頭も体もすっかりリセットされた気分に(*´▽`*)


ワットポーを離脱。渡し船の船着き場ター・ティアンへテクテクと歩いて移動。
ここは歩いてすぐです♪
船着き場の中にもお店や食堂などもあって外も屋台がいっぱいでにぎやかなところでした。


ここで、自分は大きなミステイクをおかします(>_<)
渡し船ではなく、都心に帰るエクスプレス・ボートに乗ってしまったのです。
ちなみに乗り場からしてこの二つは違います(^_^;)
渡し船は乗る前に乗り場の入り口で3B払って乗るのですが、エクスプレスボートは乗ってから車掌さんに払います。
気がついて、どんどん都心に流されていく状況で、もういいかな。。今日は十分頑張ったしもう都心、ホテルに帰ってゆっくりしようよというささやきが自分の心にww
いやいやいや、せっかくここまで来たんだし、3大寺院のうち2大寺院は回ったのだから、最後の一つも見るべきだ、ファイトだ自分!ということで、途中の駅で降りて、もう一度反対行きのエクスプレスボートに乗って、元の乗り場で降りて、渡し船に乗ります。ふぅ


対岸、ワットアルンに到着



大仏塔の麓で入場料50B払って、入場。ひたすら大仏塔を登ります。
後半は階段を登っているというより岩登りでもしているようなハードさ(汗
体力に自信のある人にしかおすすめできないかも(^_^;)

登りきった上からの写真







降りる時。かなりの急勾配です(汗

下から見上げる


トイレに寄ってから、ワット・アルンを離脱。
再び渡し船に乗って、ターティアン船着き場へ。


そして、再度エクスプレスボートに乗って、約20分。
大きな橋の下のサートーンで降りて、目の前のBTSサパーンタクシン駅へ。


元気があったら、サパーンタクシン駅周辺でお昼ごはんを食べようと思って周辺地図も持っていったのですが、そんな元気はなく、クーラーの効いた車内で最寄り駅までしんでましたww


最寄り駅から、ホテルへの道の途中のタイ料理レストランで遅いお昼ごはん。
バーン アージャーンというお店です。
ここは本当に何を食べてもおいしかった!!
タイ風やきそば、パッタイ

ノイナーアイスクリーム (カスタードアップル) 


お腹いっぱいになって、ホテルに戻ってシャワーを浴びたらキューバタン、もう遠出する元気はなかったとです。。
ホテルのロビーのカフェでケーキとかハーゲンダッツを売っていて、どうしてもハーゲンダッツを食べたかった私は450円出して購入。
部屋で、ソファに転がりながら、一人夕暮れのバンコクを見ながら食べるハーゲンダッツはしぬほど美味くて、こんなに幸せでいいのかなーとかみしめました(*´▽`*)
この日は夜は地元でまったりすごしました。