例えば、こどもの頃の夢は何ですか?と聞かれても

特に何も出て来ないお。
初恋とかないし、子どもの頃に流行った遊びとかおもちゃとかそういう話ができません(笑
だからといって、別パターンの幸福な青春時代をやり直したいとも思わないけど。それをのぞむ人の気持ちがよくわからない。
今を楽しむべきじゃないかな、とか思うわけですよ。青春もそうだけど、今だって、今しかないんだよー。
最近多いスキルアップして生き残ろうみたいな話は、もう正直食傷気味です。すみません。
私もかなり不安定な立場で、生き残りたい気持ちもあるし、自分なりにアンテナをはって情報収集したりもしてる訳ですが、それだけに人生が特化していくのはあまりに面白くないな、と思うわけで。
それに根本的に人間的な成長の伴わないままスキルだけアップしていって不相応な立場についてもパンクするだけじゃね?とか(爆
自分的に社会人として成長していくっていうことは、物事を判断する基準をつくっていくということで、更にそれを基に下した判断の結果の責任を負える懐の深さとかそういうものじゃないかなーと思う訳で、そういう木の幹にあたる部分をないがしろにして枝葉だけ増やしても不安定になるんじゃないかと。
スキルとかそういうんじゃなくてさ、まずは誠実であるということがもっと評価されるべきじゃないかなと思う。
仕事や人に対して真摯に向き合う人っていうのは、スキルなんて後からついてくるんじゃないかと。
そう思うんだけどなー。
まぁ、ガチガチではしょうがないので柔軟な頭とアンテナは日々磨いていければと。
自戒の意味も込めて。
PS.謙虚さもだー、感謝する気持ちを忘れてはいかんですたい(謎